読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The arts of gravity

アート全般に関する評論もとい紹介

ジョセフ・コーネルについて

 

 

f:id:lowofgravity:20170308022822j:plain

                     

                   箱を俯瞰するジョセフ・コーネル

 

 

空間は広がりと流れの他に区切りを持つ。

 

例えば、私の部屋は壁と扉という簡単な線が区切り。川端の「雪国」はトンネルが区切りだ。雪国という空間は、トンネルというある種の空間によって区切られる。バカンスにいくならば、時間も区切りにできるだろう。飛行機の滞在を挟んで全く違う空間と時間を私たちは得れる。

 

ジョセフはというとを区切りにして、ある種の空間をそこに閉じ込めた。

 

大きさは上記の写真から分かるような小さな箱である。前面がガラス板で閉じられており、その中にコーネルはコレクションしてきた膨大な数の写真、骨董、本の1ページを置いた。

 

f:id:lowofgravity:20170308025355j:plain

                                臥せいるような青、古典的な姿勢で描かれた人たち、敷き詰められた物

                                    (メディチ・プリンセス

 

ジョセフの作品は幾つものスタイルがあるが、最も多く感じるのは上にあるメディア・プリンセスのような中央に人が佇んでいるようなものであろう。これらは懐かしい、ノスタルジックといった形容を感じさせる美的要素を含んでいるとの記述が多数ある。

 

確かにそれは合っていると思う。誰だか分からないが、憶測でいうならば既に死んでとうに忘れ去られている人という印象を受けるからだ。

 

昔なんと言ったか、綺麗な人がいた。そんなシンプルな形容詞で締めくくられ、老人の思い出話の中で出てくるような人。

 

そんな人の写真が屋根裏色の古い木の枠の中でひっそりと佇んでいる。

 

漂ってくるのは間違いなく忘却の匂い、それが懐かしさを想起させるのだ。

 

 

 

f:id:lowofgravity:20170308040613j:plain

 

 

 

 

 

f:id:lowofgravity:20170308040620j:plain

 

 

 

 

parabolic life

Parabolic life